読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計仕掛けのロマック

横浜DeNAベイスターズ応援ブログ。外野席ではなく内野席から見るようなブログ。

宜野湾キャンプ参加選手と宜野湾の天気を予想する。

ベイスターズ 2017春季キャンプ

f:id:baymeshi:20170122064708p:plain

こんな海の側にあるのか宜野湾球場。

 

春季キャンプまであと8日である。各球団キャンプメンバーが発表されるなど、球春幕開けに向けて動きも慌ただしくなってきた。ベイスターズも明日23日にもキャンプメンバー発表と報じられ、一軍メンバーの予想を考えている人も多いのではないか。というわけで、今回はその流れに便乗して、一軍メンバーの予想をしてみた。

予想の発表の前に、過去の一軍メンバーはどんな感じだったのか調べて見る必要があると思い、2015年、2016年の一軍メンバーを図にしてみた。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

f:id:baymeshi:20170122040031p:plain

f:id:baymeshi:20170122040122p:plain

過去数年を見ても、「投手20名」「合計38名」は変わらないようだった。また、新人選手が抜擢されるかどうかは各年ばらつきがあるものの、基本的には移籍選手、助っ人外国人選手は全員一軍キャンプ入りを果たしているようである。新戦力を直接見極めたいと考えるのはラミレス監督になっても変わらなかったので球団方針なのだろう。

headlines.yahoo.co.jp

今年はラミレス監督が「大卒・社会人の新人選手は全員一軍スタート」と明言しているので、濱口遥大、水野滉也、尾仲祐哉 、進藤拓也、狩野行寿、佐野恵太は確定。新戦力の平良拳太郎、パットン、ウィーランド、クレイン、シリアコも一軍濃厚と見ていいだろう。田中浩康も新戦力なのだが、後藤武敏に次ぐ野手で2番目に高い年齢を考慮すると2軍調整の方がいいかもしれない。

f:id:baymeshi:20170122042452p:plain

あとは主力選手、期待の若手選手を入れていくとあっという間に予想一軍メンバー38名の名前が埋まった。一軍経験のない選手で言えば、飯塚悟史、網谷圭将、青柳昴樹の3名を入れた。いずれも秋季キャンプ、台湾ウィンターリーグで名を挙げた選手であり、首脳陣の期待も大きい選手である。網谷は去年一時期だけ1軍キャンプに抜擢されたが、他の2人も初の1軍キャンプ抜擢となれば相当プレッシャーもあるはずだ。開幕一軍に向けてはまだ課題も多いが、まずは2月12日の紅白戦でのアピールに期待したい。

投手は自主トレ中にアクシデントが無ければおおよそこんな感じのメンバーだろう。ベテランの域に入る藤岡好明小杉陽太に代わって国吉佑樹福地元春平田真吾が入る可能性はあるが、主力リリーバーということで一軍メンバーに入れた。

一方迷ったのが野手の方である。怪我で万全ではない石川雄洋を外すのは仕方ないとして、宮崎敏郎飛雄馬白根尚貴あたりは一軍メンバーにいれるべきか相当迷った。特に宮崎は主力といってもいい立場だけにコンディションに問題なければ一軍入りはまず間違いないだろう。しかし、秋季キャンプの体調不良による離脱や、ルーキー佐野や狩野が抜擢されるのを見るに最初は2軍キャンプ地の嘉手納からスタートし、紅白戦や実戦の始まる第三クール(11日~15日)から一軍合流ということも考えられそうだ。

f:id:baymeshi:20170122050155p:plain

キャンプの練習は基本的に4つの班に分けて行われる。投手は年齢、役割ごとに4~6人の班で構成され、野手はポジション別に4~5人の班で構成される。梶谷隆幸、筒香嘉智ら打線の主軸を担う2人は、ロペスら外国人組と班が一緒になることが多いようだ。練習メニューによっては班のメンバーは変わるため、秋季キャンプ以降はほとんど一・三塁手としてノックを受けている網谷は、重盗対策などの捕手専用の練習メニューには参加せず内野手として投内連携やノック練習に参加するかもしれない。

f:id:baymeshi:20170122055857p:plain

今年も実戦機会の多いキャンプになりそうだ。22日の段階でキャンプ中に行われる対外試合の日程が発表されているのはセ・リーグでは巨人、中日、ヤクルトだけだ。巨人は練習試合が3試合、中日、ヤクルトは5試合で、去年の記憶から行くと広島、阪神も3~5試合程度だったので、対外試合数だけで言えばベイスターズの練習試合9試合はダントツで多い。これだけ試合数が多いと、若手選手のアピール機会は増える一方で、第三クール以降は基礎練習にかける時間が足りなくなる可能性もある。とはいえ、今年はWBC本戦が控えていることから、韓国代表との練習試合が組めた事は若手選手にとっていい経験になるのではないか。もしかしたらヤン・ヒョンジュンが出てくるかもしれないし。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

www.tenki.jp

ちなみに2月の沖縄の天気は平年並か、平年より曇りや雨の日が多いようだ。気温も平年並みかやや寒いとの予測がされているので、練習試合も何試合か雨で中止になる可能性もあるかもしれない。

www.accuweather.com

沖縄キャンプへ向かう予定の人はこちらのサイトも参考にするといいかもしれません。

でも、沖縄の天気はアテにならないって沖縄出身の知り合いは言ってました。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村