読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計仕掛けのロマック

横浜DeNAベイスターズ応援ブログ。外野席ではなく内野席から見るようなブログ。

プロ野球を勝手に予言する2017 (後編)

「古代のイカが発見されるでしょう」

クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の予言では、

どうやら2017年も数々の波乱含みの世界となってしまうようだ。

tocana.jp

f:id:baymeshi:20170104031524p:plain

今年、巨大イカによって世界は真っ黒になるのか・・

 

前回の続きである。2017年の世界も日本もロクなことが起きないと大真面目に予言している人もいる一方で、プロ野球に関する予言を一生懸命考えている私はすごく平和なことじゃないかと思いつつ、残り5つの予言を発表する!

  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

大谷翔平はシーズン中に165キロ以上を記録する。

【難易度】★★★★

2017年オフ最大の目玉は、間違いなく大谷翔平がポスティング移籍でメジャーリーグに挑戦するかどうかだろう。昨年12月にメジャーリーグで締結された労使協定によって、25歳未満の外国人選手はマイナー契約に限定されるようになった上、契約金の最大値も約1000万ドルに抑えられるため、移籍を先延ばすのではないかといった意見もあるが、いずれにしても今年は例年以上に大谷の動向に注目が集まるだろう。

その大谷が今年自己最速記録を更新し165キロ以上マークするか。栗山監督から「170キロは出せる」と言われているだけに期待は膨らむが、2016年にメジャーリーグで165キロ以上(103マイル以上)叩き出した投手となると今オフにヤンキースに戻ってきたアロルディス・チャップマンアトランタ・ブレーブスの若きリリーバー、マウリシオ・カブレラぐらいのようである。165キロ以上出す先発投手が日本にいるというのがいかに現実離れしているかよくわかるが、2017年の日程表を見てみると、今年の交流戦阪神戦、ヤクルト戦はどうもセ・リーグ主催になるようである。ということは、スピードガンが他球場に比べて高く出やすいとされる甲子園、神宮球場で大谷登板もありえるため、セ・リーグ相手に166キロ!なんてのもあるかもしれない。

また、今年はメジャーリーグの2016年平均球速第3位だったカミネーロが巨人に加入したことが話題になったが、2015年の平均球速第3位だったコーディエはオリックスで開花することはなかったいくら球速が速くてもストレート以外に引き出しがないとシーズン通しての活躍は厳しいだろう。危険球だけは勘弁してほしい。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

中田翔はシーズンオフにFA移籍する。

【難易度】★★★★

来季中に国内リーグFA権習得が予想される選手は豊富である。主な候補

西武:牧田和久 秋山翔吾(複数年契約済)

日ハム:増井浩俊 谷元圭介 石井裕也 中田翔

ロッテ:涌井秀章 唐川侑己 岡田幸文

オリックスT-岡田(複数年契約済)

特に注目は西武・牧田和久日ハム・中田翔だろう。牧田は今オフ契約更改で複数年契約を提示されたようだが、それを拒否し単年契約を結んでいる。FA宣言を見越しての単年契約だとしたら西武ファンも流出を覚悟しないといけないシーズンになりそうである。一方、中田に関してはもうすでに阪神タイガースが動向をチェックしているようであり、「虎の恋人」認定も時間の問題だろう。しかし、北海道ローカルのファイターズ応援番組などを見ていると、中田は稲葉篤紀引退後のファイターズの中心役として若手を引っ張っている存在であり、大谷翔平杉谷拳士西川遥輝も「中田会」のメンバーとして慕っている様子が伝わってくる。相当チームに愛着があると考え、FA移籍は無いと予想する。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

侍ジャパンは第4回WBCを制覇する。

【難易度】★★★★★

3月7日から22日にかけて行われる第4回WBC。前回の2013年大会はベイスターズの選手が誰も出なかった上に、成績も決勝ラウンド1回戦のプエルトリコ戦に負ける結果に終わったため個人的にはほとんど関心が向かなかった記憶がある。しかし今回は筒香嘉智が主力として日本代表入りし、石田健大、今永昇太、山崎康晃もコンディション次第では選ばれる可能性があるため、過去の大会と比べて関心が強いベイスターズファンも多いと思う。また、米メディアが今大会がWBC最後の大会になるとの予測も拡がっているせいか各国ともメジャーリーガーの主力級を揃えるなど以前の大会に増して本気ムードが伝わってくる。

ドミニカ共和国ベタンセス(NYY)ベルトレ(TEX)カノ(SEA)マチャド(BAL)

アメリカ:シャーザー(WSH)ミラー(CLE)ポージー(SF)アレナド(COL)

オランダ:バンデンハーク(ソフトバンク)ジャンセン(LAD)ボガーツ(TEX

現時点で参加表明をしている各国の主力級を見ても豪華の一言である。2016年サイヤング賞受賞者のシャーザーやメジャー屈指のセットアッパーであるベタンセス相手に筒香がどう攻略するか是非見てみたいが、正直言ってこれだけ各国主力級が出て来るとなると日本代表がどういう試合展開に持ち込んでもかなり厳しい戦いになるのは間違いない。過去のWBC侍ジャパンが世界一になったときは対戦相手国の守備の乱れから流れが日本に傾いたような試合が多かったが、おそらく今回はゴールデングラブ賞経験者も過去最多だと思われるのでそう簡単に流れも引き寄せないだろう。

ただ、筒香が打つか打たないかで試合が勝つか負けるか変わる、といった場面は確実に来ると思うので、今大会の成績が筒香の野球人生に大きく影響を与えることになるかもしれない。怪我なく大会を無事に終えてほしいというのがファンの願いではあるけど。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

⑨筒香嘉智は三冠王を達成する。

【難易度】★★★★★

そんな筒香だが、今季は本気で三冠王を狙えるシーズンになるといってもいいだろう。ラミレス監督は冷静に筒香の今季を分析しているようである。

headlines.yahoo.co.jp

一番の関門となるのは打率だ。筒香の能力をもってすれば打率・320は安定して残せると言い「あとはどれだけ四球を選べるか」と断言した。昨季は87四球で、ヤクルト・山田の97四球に次ぐリーグ2位。2冠王で臨む今季はさらに相手チームのマークが厳しくなるのは確実で、際どいコースをどれだけ見極められるかが、打率をキープする上でより重要になる。

逆方向にも打球が強く飛ばせるようになり、打撃技術の高さ、読みの上手さなど打者としてのポテンシャルは三冠王を本気で狙えるレベルといって間違いない。相手のマークが厳しくなるのはもちろんのこと、今年はWBC日本代表に選ばれ昨年以上にコンディション調整が難しいシーズンであるため、三冠王を今年達成するのは至難の技だと予想する。個人的には筒香の三冠王よりもその前後を打つであろう梶谷隆幸、ロペス、宮崎敏郎に打撃タイトルを狙えるほどの結果を求めたい。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
⑩横浜DeNAベイスターズは今年日本一になる。
【難易度】★★★★★
これはお世辞抜きではなく本当にリーグ優勝、日本一を狙えるシーズンになると思っている。2015年のヤクルトは山田哲人川端慎吾、雄平、畠山和洋ら打線の中軸がキャリアハイといってもいいような成績を収めた上に、鉄壁のブルペン陣が機能して前年最下位から一気に駆け上がった。そして昨年の広島も黒田博樹新井貴浩に引っ張られる形で鈴木誠也がブレイクし、前年結果を残せなかった菊池涼介、田中広輔、丸佳浩野村祐輔中崎翔太ら投手陣もキャリアハイの結果を残すことが出来た。
大雑把に振り返ってみるとこんな感じだが、開幕前の予想では両チームとも「選手層が巨人・阪神に劣る」との評価だったのは間違いない。多くの解説者が彼らがキャリアハイの結果を残すとは思ってもいなかったのである。
2016年のベイスターズは主力の怪我、不調がチームに大きく影響を及ぼした。終わってみればシーズン3位に持ち込んだものの、モスコーソ、エレラ、梶谷隆幸、石川雄洋、荒波翔、ロマックといった選手は、おそらく監督が開幕前描いたシーズン成績とは大きく異なるものだったはずである。選手の中でも特に梶谷、石川、荒波は今年に懸ける思いは強いだろう。梶谷や石川がキャリアハイに近い成績を叩き出せばセ・リーグ屈指の攻撃力を持った打線が完成し、優勝も本気で狙えるようになるのではないか。
ベイスターズの戦力分析は今シーズン通してじっくりやっていく予定だが、打線や投手陣を見てみるとラミレス監督ではないが決してBクラスに甘んじるような戦力ではないように思える。酉年も素数の年も、皆既日食がアメリカ大陸を横断した年も、一度としてベイスターズが優勝したことはないが、今年は期待して良いんじゃないだろうか、と思う。
 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 
さて今日は待ちに待った人的補償の発表日である。
発表されたら頑張って更新します。更新するのたぶん夜中だけど。

f:id:baymeshi:20170104032048g:plain

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村