読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計仕掛けのロマック

横浜DeNAベイスターズ応援ブログ。外野席ではなく内野席から見るようなブログ。

山口俊を打ち崩したい(前編)

ベイスターズ

何故か巨人ファンを安心させる内容をまとめた

ベイスターズ応援ブログである。

f:id:baymeshi:20161226031547p:plain

熱狂的中日ファンだった私の目の前に落ちてきた、当時新人王候補だった頃の吉見祐治のサインボール

 

ベイスターズ応援ブログを書いている私だが、物心ついたときからベイスターズを応援しているわけではなかった。中京圏と関西圏が入り交じる三重県という土地ではベイスターズを応援している友達なんているはずも無く、中日の立浪和義阪神新庄剛志、巨人の松井秀喜が子どもたちのヒーローだった。

当然自分も初めて野球を観に行ったのがナゴヤドームであり、初めて体験したナゴヤドームの広さ、応援団の迫力、そして山崎武司、ゴメスのホームランを見て感動し、一発で中日ドラゴンズのファンになった。ちなみにその試合は横浜戦であり、山崎武司にホームランを打たれたのは野村弘樹であった。

その後、何故か暗黒時代真っ盛りのベイスターズを応援するようになった私だが、初めて野球を見てから現在に至るまで一度も変わっていないスタンスがある。

 

巨人だけは応援しない。

 

そんな私の嫌いなジャイアンツに一人の男が加入した。山口俊である。

FA権行使までゴタゴタしたこともあって横浜ファンのみならず巨人ファンも「本当に大丈夫か」と心配する声も聞こえる山口俊のFA移籍。ベイスターズの選手もオフのトークショーでは「打ち崩します!」と高らかに宣言している選手が何名もいた。

とはいえ、今季自己最多の11勝を挙げ、規定投球回には達していないものの5完投を記録し、ベイスターズ初のクライマックスシリーズ出場は山口俊の活躍無くしては達成できなかったのも事実。どれだけメンタルが弱い、肩の怪我に不安があると指摘されても対戦相手として強敵であることは間違いない。

 

本当に山口俊はベイスターズの前に立ち塞がるのか。

検証してみました。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 2016年の山口俊投球比率

f:id:baymeshi:20161226015811p:plain

2015年の山口俊投球比率

f:id:baymeshi:20161226020626p:plain

©データで楽しむプロ野球(http://baseballdata.jp/)

今季の山口の特徴として、今までカウントを取りに使ってきたシュート系のボールをあまり使用せず、その分ストレートの配分を増やしている。今季のストレートの被打率は.241で、昨年11本打たれていた被本塁打は投球回数が増えたのにも関わらず5本に減らしている。昨年は152キロがMAXだったが、今季は156キロをマークし、ストレートに関して自信を持って投げられたのが好結果に結びついたのではないか。

 

また、「メンタルが弱い」と言われている山口だが、ランナーを背負った時の粘り強さを示すLOB率は76.71%と平均的な数値で、満塁時の被打率は13打数2安打で.154、ランナー2、3塁または1、3塁の場面に至っては20打数1安打で.050と抜群の結果を残している。満塁時の被打率に関しては年々改善されているので、個人的に契約しているというメンタルコーチのアドバイス効果もあるのかもしれない。

 

セリーグの球団別の成績を見てみると

ヤクルト 3勝0敗 防御率2.76

中日   2勝0敗 防御率0.55

阪神   2勝1敗 防御率4.35

広島   1勝1敗 防御率3.00

巨人   1勝2敗 防御率3.68

下位3チームからは7勝を挙げており、特にドラゴンズ相手には滅法強かった。ちなみに3勝に終わった昨年もドラゴンズから2勝を挙げており、FA移籍で中日に移籍が決まっていたらお得意様が一つ減るので、少し苦労したかもしれない。この事から、たとえベイスターズ打線が山口を打ち崩しても、相性のいい「お得意様」がいると巨人移籍後も勝ち星を伸ばすことができるのではないか。 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 他にも色々調べていたが、今季成績を見る限り、山口俊は巨人移籍後も間違いなく強敵であるのは疑いようがなさそうである。「メンタルが弱い」というイメージは得点圏被打率の成績で完全に覆された。オフを山口と一緒に過ごす予定の平田真吾にも同じメンタルコーチを付けてやってほしい。しかし、他に弱点はないものか。。

 

・・どうやらありそうである。

年末までにまとめきれるか、少し心配であるが。